生ゴミ処理機ってなに?

生ゴミ処理機ってなに?メリットは?性能を徹底比較!

 最近はゴミ袋有料化で、地域によっては生ゴミだけ別に出さなければならない、なんていう地域もありますよね。
 有料化だからといってしばらく台所に置いておくと臭うし、虫もよってくるし…
 できることならゴミを減らしたい!そんな気持ちもあると思います。

 

生ゴミ処理機なら生ゴミを1/10程度に減らせる!

【生ゴミ処理機】生ゴミ処理機なら生ゴミを1/10程度に減らせる!

 生ゴミ処理機を使うことで、生ゴミを減らすことができます
 乾燥させたり、バイオ式で基材と混ぜた生ゴミは、最終的には肥料として使ったり、可燃ゴミとしてゴミに出すことができます
「生ゴミ処理機は堆肥を作るもの。家庭菜園をやらない我が家には必要ない」と考えている方もいらっしゃいますが、実際にはゴミを減らす役割も大きく、マンションでいう「ディスポーザー」的役割も果たしてくれているのです。

 

生ゴミ処理機で虫がよってこない!

 生ゴミを乾燥させたり、堆肥にすることで、虫はよってこなくなります。台所のコバエに困っていた方には朗報ですね!
 また、生ゴミを乾燥させる乾燥式のものは、ゴキブリも寄りにくいとされています。

 

生ゴミ独特のニオイがしない!

【生ゴミ処理機】生ゴミ独特のニオイがしない!

 生ゴミを乾燥させることで、ニオイはなくなります。ただし、安い乾燥式の生ゴミ処理機はドライフルーツメーカーのように、食品を乾燥させるだけなのでニオイが充満しますので、上位機種の方がおすすめです。
 バイオ式はニオイがするものもありますが、「森のようなニオイ」と感じる人も多いです。このあたりは好みが別れるかもしれませんね。

 

生ゴミ専用の有料ゴミ袋を買わなくて済む!

 生ゴミ専用の有料ゴミ袋のある自治体もあります。10枚程度で売られていますから、1ヶ月で使い切ってしまいますね。
 生ゴミ処理機には助成金が出る自治体もありますから、数年で元が取れそうですね。

 

生ゴミ処理機で堆肥ができる!

【生ゴミ処理機】生ゴミ処理機で堆肥ができる!

 生ゴミ処理機では堆肥ができます。
 乾燥式の生ゴミ処理機は乾燥したものをパラパラと砕くことで堆肥になります(元々砕いてくれる機種もあり)。
 バイオ式の生ゴミ処理機は、一緒に混ぜた基材がそのまま堆肥になりますコンポストを作るよりお手軽で、失敗なく堆肥が作れるのがメリットですね。

 

生ゴミ処理機でペットの糞も処理できる!

 バイオ式の生ゴミ処理機の場合、ペットの糞も処理できます。というより、山に設置されたトイレなどは「バイオトイレ」といって、同じような成分の基材を使っていますので、災害時などには人間のトイレとしても使えます
 特に室内外の猫などは、猫砂も安いものではありませんし、臭ってしまうものですから、こういったバイオ式の生ゴミ処理機を上手く使いたいですね。また、犬の散歩で持ち帰ってきたうんちも処理できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ