おすすめのバイオ式生ゴミ処理機ランキング

おすすめのバイオ式生ゴミ処理機ランキング

 バイオ式は乾燥式と違って、微生物・菌の力で生ゴミを分解するというものです。
 一般的なバイオ式生ゴミ処理機は自分でスコップを使って土を撹拌させるのですが、下記2種は電気の力であったり、ハンドルであったりと、一般家庭でも使いやすいというメリットがあります。
 動物の糞尿も分解してくれますから、ペットを飼っているご家庭におすすめしたいのがバイオ式生ゴミ処理機です。生ゴミ処理機比較表より、おすすめのバイオ式生ゴミ処理機を紹介します。

 

バイオクリーン BS-02

 おすすめ1位はバイオクリーンです。
 バイオ基材は「アシドロ菌というもの」を使っており、これは他では購入することができませんアシドロ菌のおかげで処理能力が高く、早く生ゴミを分解してくれるのです。また、一般的なバイオ式生ゴミ処理機は半年に1回は基材を入れ替えなければなりませんが、バイオクリーンは基材を10年間入れ替える必要はありません。これも画期的ですね。
 また、バイオ式では珍しい電動式で、自動で撹拌してくれるので、1日でもかき混ぜるのを忘れると虫の温床になるというバイオ式のデメリットがありません
 処理能力は1日2kgと大容量で、大家族や、庭で畑をやっている人はクズ野菜が出てしまった場合にも投入できますね。
 バイオ式なので、ペットの糞尿も分解できます。おからの猫砂を使いながら、その猫砂ごと掬ってバイオクリーンに投入、ということもできそうですし、犬の散歩から持ち帰ってきたうんちもそのまま投入、ということもできそうですね。

Amazonで購入する 楽天市場で購入する

 

エコクリーン 家庭用生ごみ処理機 自然にカエル

 おすすめ2位は自然にカエルです。こちらは一般的なバイオ式生ゴミ処理機同様、4〜5ヶ月に一度程度は基材を入れ替える必要があります。ただし、基材は再利用が可能なので、2年程度は使うことができます。
 ポイントは基材をかき混ぜるハンドルが付いている点。他のバイオ式生ゴミ処理機になると、前述のバイオクリーンを除けば自分でスコップを使ってかき混ぜなければなりません。しかも「下から全体にかき混ぜる」ということが必要ですので、手間がかかりすぎて続かない、ということになります。
 その点、自然にカエルはハンドルが付いているので、スコップを使う必要がありません。朝晩かき混ぜるのも苦痛ではないでしょう。
 処理能力は1日700gで、大家族でも問題ないでしょう。
 バイオ式なので、ペットの糞尿も分解できますし、災害時のトイレ代わりにもなります。

Amazonで購入する 楽天市場で購入する


ホーム RSS購読 サイトマップ